宮城県仙台二華中学校・高等学校

HOME > 学校生活 > 仙台二華の様子 > 平成29年度総合防災避難訓練

平成29年度 火災避難訓練

【目的】
校舎内外での火災に備え,生徒・職員が安全迅速に避難できるよう訓練するとともに,防災体制の確立と防災意識の高揚を図る。

【災害想定】
本校の西側(食堂)より出火。折からの強い西風に煽られた火勢が強く,火煙が校舎内に広がってきており,また,延焼の危険がでてきている。 学校長は生徒・職員は直ちにグラウンドに避難をするよう判断。緊急放送により避難を指示する。

【訓練時程】
12:56非常用サイレンで訓練火災発生を告知し,校内緊急放送で避難を指示
12:58グランドへの避難開始
グランドへの避難
13:12点呼完了
点呼完了
15:12講評
講評
13:20救出訓練・講評
救出訓練
救出訓練 救出訓練

平成29年度 総合防災避難訓練

【目的】
 1978年6月12日の宮城県沖地震災害、そして2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震に伴う東日本大震災を教訓として、大規模地震災害の発生に備え、避難体制の確立と防災意識の高揚を図る。

【災害想定】
 4月25日(火)14時55分頃、宮城県沖を震源とする大地震が発生した。仙台市での震度は6強と思われ、本校の校舎の壁には亀裂が生じ、階段や廊下の壁の一部が崩れかかっていた。揺れはおさまったものの、余震の発生や火災などの二次災害の発生も懸念される。

【訓練時程】
14:55警報音と緊急放送にて地震発生の告知、避難指示
14:57グランドへの避難グランドへの避難開始
15:12避難及び安否確認完了
15:12講評訓練の講評並びに講話
15:35諸連絡・解散後訓練終了
ページのトップへ